パソコンデータの復元ソフト

パソコンを長年使用していると、大切なデータを削除してしまい、頭を抱えてしまうことも少なくありません。
データをごみ箱に移動しただけならば、クリックひとつでデータを元の場所に復元することができます。
しかし、ごみ箱から削除してしまった時は容易にデータを復元することはできません。

そんな時はデータの復元ソフトを使用してみてはどうでしょうか。
データの復元ソフトにはいろいろな種類が販売されています。

ウィザード形式で高度な復元技術を誰でも簡単にできる復元ソフトもあります。
例えば、ファイルが消えてしまったトラブルから、復元の難しいドライブが見えなくなった場合であっても、ウィザード形式の簡単操作で復元することができます。
また、誤ってフォーマットをして消してしまったデータを復元できるソフトもあります。
もちろん、誤って削除したファイルやフォルダも復元できるソフトもあります。
また、復元ソフトによっては、パーティーションを削除してしまってもデータも復元できるようです。
Eメールであっても、メッセージの誤削除やメールソフトのアンインストール、ドライブをフォーマットしてメールが消えてしまった場合なども復元できます。
安いものですと1万円もしませんので、ひとつくらいは持っていてもいいかもしれません。

ただし、火災や落雷、落下、水没、などによりパソコンやハードディスクが物理的に破損された場合があるとします。
復元ソフトは物理的に破損されたケースには対応できないようです。

ファイルやデータの復元

パソコン内にあるファイルやデータを削除します。ごみ箱から完全に削除したつもりでも復元ソフトを使用すれば、削除したデータを復元できる場合があります。
なぜ、削除したファイルやデータを復元できるのでしょうか。

パソコン内のファイルやデータを削除した時は、そのファイルやデータに削除マークが付けられます。
削除マークが付けられたファイルやデータは画面で見ることができなくなります。
パソコンを使用する側としては、ファイルを画面上で確認できないので削除されたものと考えます。
しかし、ファイルやデータは画面上で見ることができなくなるだけで、パソコン内には残っているのです。

パソコンのハードディスクにデータを書き込む時には、ハードディスクの未使用領域にデータを書き込んでいきます。
削除マークが付けられたファイルやデータは未使用領域と判断されます。
そのため、新しいデータがその未使用領域に上書きされるまでは、パソコンの中に残っているのです。
削除してしまったファイルやデータを復元したい時は、新しいデータが書き込まれる前に復元しなければなりません。

データやファイルを復元する方法にはいろいろあります。
市販のファイル復元ソフトを使用する方法があります。
ファイルやデータの復元を専門としている業者さんにお願いする方法もあります。
業者さんにお願いする場合は、それなりの値段がかかるようなので、復元ソフトを使用することが一般的のようです。

パソコンのシステムの復元

パソコンを使用していると、パソコンの調子がどうもおかしい、という経験があると思います。
そのような時は、パソコンの調子が良かったときの状態にパソコンを戻すことができます。
これをシステムの復元と呼びます。
パソコンの誤操作や、アプリケーションソフトをインストールしたことが原因でパソコンの調子が悪くなった時に有効です。
誤操作する前の状態に、アプリケーションソフトをインストールする前の状態に、パソコンを復元してくれるのです。

パソコンの設定を変更したとします。
また、新しいアプリケーションソフトをインストールしたとします。
パソコン内では、アプリケーションソフトのインストールや各種の設定変更について、何が変わったのか、自動的に記録しています。
このため、システムの復元機能を使用すれば、調子が悪くなる前の状態に、いつでも復元できるのです。
しかも、その間に自分で作成したデータが消えることはありません。

この機能は、「スタート」―「すべてのプラグラム」―「アクセサリ」―「システムツール」―「システムの復元」とクリックします。
システムの復元機能は、設定が変更された時、ソフトがインストールされた時を「復元ポイント」として、システムを復元してくれます。
この「復元ポイント」は自分でも作ることができます。

システムの復元を行っても、その間に作成したデータは消えることはありませんが、インストールしたアプリケーションソフトはなくなります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。